老後は月にいくら生活費がかかるの?

老後は月にいくら生活費がかかるの?

老後の生活には1億本当にかかるの?

老後の生活のためにいくら備えておくべきかご存知でしょうか。
答えは『1億円』です。
1億円。あまりに額が大きすぎて現実的に捉えられませんが、これが現実です。
1億円の話をしてもかえって危機感をもてないので、段階的にみていきたいと思います。

現時点では年金受給は基本65歳からですので、定年退職を迎えてから年金受給までの生活費が必要になりますが、その5年間にまず必要な最低額が「最低2000万円」です。

年金受給開始年齢が70歳だとしても最低4000万円?

夫婦二人の生活費はおおよそ30万円前後。
30万円もかからないと思う方もいるかもしれません。
想像してみてください。やっと住宅ローンが完済というときに、親の介護や子どもの結婚、孫の誕生、自分の病気、幸せなことにもそうでないことにも、思わぬところで出費が嵩んでしまいます。
インフラ整備に伴いこれからますます物価が高くなっていくかもしれません。
60歳から65歳の年金受給を待機している期間を過ごすための2000万円ですが、今後年金受給開始年齢が引き上げられることも容易に考えられます。

年金受給開始年齢が仮に70歳に引き上げられれば「まず必要な最低額」は単純に考えると最低4000万円になります。

今後の医療負担が増える事も想定しておこう!

今は医療費負担が実質1割でも、我々がその時期を迎える頃には3割負担なんてこともありえる話です。
生活費は夫婦二人でさほど贅沢をしなくても30万円必要。
しかしながら年金受給額は月々20万円程度ですので毎月10万円以上の赤字ということになります。
現在日本人男性の平均寿命は約82歳、女性は約87歳ですので、70歳から約15年間で2000万円が国民年金とは別に必要になり、さらに介護が必要な状態になると、これにプラスしてお金は必要になります。

しかし早く把握して準備をしておかなければ、手遅れになる重要なこと。
実際この先いくらお金が必要なのか、漠然とした一般論ではなくご自身の人生に必要な資金の見積もりを、専門家等に相談をし、賢く備えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)