老後は年金だけで生活できるの

老後は年金だけで生活できるの

国民年金は満額で約78万円!

将来いくら年金を受け取れるかご存知ですか?
現行の制度では、65歳から受け取ることができる国民年金の「老齢基礎年金」は満額で約78万円です。
月6万5千円程度。少子高齢化が進む中、この先年金額が増えることはなさそうですし、年金受給開始が70歳になることもそう先の話ではないかもしれません。

現在の日本の年金制度は「国民年金」がベースにあり、会社員だと「厚生年金」が、公務員等だと「共済年金」が加算されます。
自営業者や農業者の方等は「国民年金」のみ、会社員は「国民年金」と「厚生年金」が、公務員等は「国民年金」と「共済年金」が、会社員や公務員等の扶養家族は「国民年金」のみを受け取れるということです。

年金受給開始まで1億円必要なの?

先述の通り現行の制度では年金額は月6万5千円程度。
しかしながら夫婦二人の生活費は月30万円程度かかります。
これは住宅や車にかかる費用などは含まれていません。
食費も少なくなるはずですが、高齢になると医療費が想定以上にかかってしまうのです。
70歳以上の医療費の窓口負担は2割ですが、これも我々がその歳になる頃には3割負担に引き上げられているかもしれません。
日本人の平均寿命は男性が約80歳、女性は約87歳ですが、60歳時の平均余命でみると男性は約83歳、女性は約89歳で100歳以上の人口も40年以上毎年増加しています。従ってこれからは95歳まで生きると考えて老後資金を準備していく必要があります。
65歳で年金受給が開始、95歳まで生きると30年間毎月10万円以上の赤字ということになります。退職してから年金受給開始までの待機期間もありますので、ざっと1億円を準備しておかなければなりません。

今後は老後難民が社会問題になると予想されます

赤字になると知らされていても自分は大丈夫だと他人事に感じてしまう方も多く、すでに50代の会社員の4割が老後難民という社会問題に発展しています。

老後は年金だけでは生活できません。自分の老後の生活は自分で守らなければならないのです。
老後資金はすぐには準備できません。できるだけ早く準備を始めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)